Año de la inversión para el desarrollo rural y la seguridad alimentaria

Version Bilingüe
64 Años: diario de Bandera de la Colectividad Nikkei

Regresar
ペルー日系人協会幹部ら 神内良一理事長と歓談
日本国際協力財団表敬訪問
2011年 ( 平成 22年) 10月 31日 | 6:42 PM
ペルー日系人協会幹部ら 神内良一理事長と歓談

東京からの通信によると、第五十二回海外日系人大会に参加したペルー日系人協会のルイス・ウエムラ会長、ペドロ・アリトミ国際部長ならびにペルー日系婦人会の赤嶺貴子会長らペルー代表の一行は二十九日、財団法人・日本国際協力財団を表敬訪問、神内良一理事長と親しく面談した。

神内センターの
堅実な歩みに満悦
周知のとおり首都リマ市ヘススマリアの高級住宅地区にそびえる神内ビル(十階)および神内先駆者センターは日系人高齢者のために日本国際協力財団・神内良一理事長の支援で建設されたもの。現在、七十五歳以上の日系の高齢者約三百人が月曜日から金曜日センターに通い、ディケアを受けている。

会見ではウエムラ会長や、ボランティアを務めている赤嶺婦人会長から先駆者センターの現況について説明があり、一世の一〇三歳の高齢者を含め七十五歳以上の高齢者三〇〇名がボランティアの温かい介護のもとに日替わりの多彩なプログラムを楽しんでいるという報告に、神内理事長は終始ニコニコと熱心に耳を傾けていた。席上、赤嶺婦人会長から「神内先生の崇高な心に寄せる高齢者の感謝の気持ちは言葉では言い尽くせないものがあり、ぜひ、センターの明るい、喜びにあふれた様子を先生に見てもらいたい」と来秘を熱望した。

海外日系人大会で
高齢者の福祉重視
今回の海外日系人大会では、さまざまな大会宣言の中に日系人高齢者の福祉向上のための援助という内容が採決された。特に高齢になるにつれて慣れ親しんだ日本のものや風習、習慣が必要になることが多い。また、家族のものが日本に働きに行っているため、一人で過ごさなくてはならないケースもあり、深刻な問題となっている。

神内先駆者センターは、神内理事長のペルーの先駆者として幾多の困難を克服して生きてきた高齢者たちへの深い理解と、苦難の道を生きてきた同士への共感が込められており、訪れた一行は神内先駆者センターが神内先生の崇高な志をいつまでも受け継ぎ、これからも日系の高齢者の心のよりどころとして堅持していくことを神内理事長に強く誓い、日本国際協力財団を後にした。

写真は財団法人・日本国際協力財団・神内良一理事長の近影。

Inicio | Nosotros | Legal | Politica de privacidad | Redes de Conectividad | Infraestructura | Soporte Panel de control | Contactenos |
Perú Shimpo. Copyright © 1997 - 2011
Este sitio está protegido por las leyes internacionales de derechos de autor y marca registrada. Todos los derechos reservados.
al usar este sitio web aceptas los terminos y condiciones a continuacion: se prohibe el uso y copia de informacion y lementos de nustro sitio web sin previo consentimiento , la territorialidad de jurisdicción a la Republica del Perú, para mas informacion vea : condiciones de uso